30代の離婚

30代、特に女性の方からの相談者が多く当事務所にいらっしゃいます。
30代の女性は迷い、不安だとおっしゃり、どうしたらいいのか考えが揺れ動くケースが多いです。

30代の特徴

・子供がまだいない、又は、子供が幼い。

・夫が浮気している

・妊娠・出産出来るかの不安

・住宅ローンの残額が多い

・別れた後、経済的に不安

30代女性の方の共通的な悩みです。

ご自身だけではなく、多くの30代女性の方が同じ悩みを抱えています。

浮気はもちろん、モラハラや性格不一致などが頻出する夫婦も多いです。色々な問題が出始める時期なのかもしれません。

30代、まだまだ人生は先が長いです。今後の生活がどうしていきたいのか、自分の人生をどのようにしていきたいのか、配偶者への気持ち、経済状況、子供の有無、実家のサポートなど総合的に考ええていく必要があります。

自立できるのか心配

30代の女性の特徴としては、色々な選択肢があり、人生の先が長いからこそ迷い、踏み出せないということが挙げられます。出産のリミット、再婚のリミット、そして、自分の仕事キャリアのことも…。

30代で結婚生活に行き詰まり、夫の浮気もあり破綻寸前。夫への愛情はもはや皆無、でも、一人で生きていけるか不安。

もうお互い夫婦としての愛情はないのに、30代女性が離婚を拒む理由は経済問題にあることが多いのです。

今現在、子供に手がかかるため、専業主婦だったり、パートのわずかな収入しかなかったりする方も多くいらっしゃいます。

財産分与、養育費、年金分割、慰謝料、これらについて具体的算段をして、やっていけるかどうかまずは把握してみましょう。

自分では出来ないとうことであれば、弁護士に相談してみましょう。離婚に注力している弁護士であればかなり詳細な離婚後の生活の様子を出すことが出来るはずです。
悩んでいるよりも、まずは現状を把握し、その上で今後どう生きていくかを判断していきましょう。

離婚はしてはいけないもの、という固定観念を拭えない

30代では、結婚して10年経っておらず、離婚が頭をよぎってからまだ数年しかたっていないという方が多いです。

40代でご依頼いただいた方でも、30代のときから離婚を考えていたがなかなか踏み出せなかったとお話される方が多くいらっしゃいます。

その方たちにとって、30代はまさに我慢に我慢を重ねて過ごされ、40代を迎えてさすがに我慢の限界に達した、ということのようです。子供が幼児期を抜け、子育ての負担が軽くなったり、40代を迎え残りの人生の半分を我慢で終えたくないとして決断されるのではないかと思います。

ひどい暴力や浮気等がある訳ではなくても、結婚をして一緒に生活してみると、いろいろなことが日常的にスムーズにいかず、一緒にいることが苦痛になってしまう、同じ屋根の下に居ることが苦痛という状態になってしまった、

夫は何度か浮気をし、もう二度とやらないと誓ったので許してしまった、

30代で離婚を考える理由も色々あり、一概に言えないのかもしれませんが、30代だから離婚は出来ない、そんな考えは不要なのです。

30代だからこそ人生のやり直しがきく

このページを見ていると言うことは真剣に離婚するかをお悩みになっているはずです。

そんな時一番駄目なのは、将来が不安不安と思うばかりで、ビジョンも持たず、何をしたらいいのかすら分からず、ただただ日常の苦しいけど仕方ないと言い聞かせて我慢を続けているだけということです。

とりあえず、何が出来て何が出来ないのかを把握して、自分の状況を俯瞰出来るようにしてみましょう。

具体的な経済的状況、離婚した場合の財産状況、子供の今後などを具体的に、なるべく詳細に把握して、今後の方針を考えてみてください。一度プロに、出来れば弁護士へ相談することで大凡の状況は把握できるはずです。

その上で、見切りを付けて新しい人生を歩むのか、それとも現状をできる限り我慢するのか、更には夫婦関係を修復していくのか、その選択如何によって残り半分以上ある人生をどう過ごしていけるかの分岐点に今来ているのだと思います。

離婚して新しいパートナーを見つけてその方との子供を作ることも30代では十分に可能です。その辺りは40代、50代とは異なります。思い描いた幸せな結婚生活を実現させることも可能なのです。

 

以上、30代の離婚について述べてきました。不安が一層強い年代だからこそ一人で悩まずに是非当事務所の初回無料法律相談をご利用ください。

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE