妻が浮気しているかもしれない

妻の浮気を疑ったとき

携帯と植物

 

妻の浮気しているかもしれないと考え始めた場合仕事が手につかなくなることも多いかと思います。そんなときは下記のチェックリストを確認してみてください。

妻(嫁)の浮気 チェックリスト

① 仕事の帰りが遅い
② 度々飲み会がある
③ 残業・泊まりの出張・休日出勤が増えた
④ 電話に出ない
⑤ 予定を度々確認される
⑥ 下着の趣味が変わった
⑦ 化粧が濃い・香水がきつい
⑧ 友達とご飯や旅行に何度も行く
⑨ 服装や髪型が違う
⑩ 会話がない
⑪ 携帯電話を肌身離さず持っている
⑫ 携帯をやたら見る
⑬ メールをばかりしている
⑭ メールや電話の履歴を残さない
⑮ 帰宅するとすぐに入浴する
⑯ 残業・出張に寛容になった
⑰ 性行為を拒む

チェックリストに3つでも当てはまったら、浮気をしているかもしれません。特に、性行為を拒否する傾向があります。理由をつけて性行為を拒否してくるようでしたら危ないかもしれません。

まずは証拠集めです。証拠さえ入手すれば今後の方針を自ら決めることが出来るのです。
代表的な証拠としては

① 携帯のメール

日時や受信者・送信者がわかるように証拠を取っておきましょう。そして証拠に出来るメールは自分で判断せずに撮影可能な限り写メなどで保存しておくことが肝要です。

とにかく、できる限り多くの写真を撮りましょう。数の多さ自体が証拠にもなり得るのです。

また、最近よく使われるアプリの中には簡単にすべてのやりとりを証拠化出来る場合があります。有効な具体的に証拠として使えそうかどうかについては弁護士にご相談ください。

② 会話の録音

携帯にロックがかかっている場合などは会話を録音しておくことも有効な証拠となり得ます。普段の会話だと気を抜いていることもあり、ポロっと自白してしまうこともあります。

ただし自分ばかり話してしまい、妻が答えしか言っていないなど証拠にならない場合もあります。

録音する場合は、なるべく相手に語らせましょう。ICレコーダーを活用することで証拠をつかめる可能性もあります。

具体的にどうやったら、上手く証拠を収集できるかは弁護士にご相談ください。弁護士だからこそ出来るアドバイスがあります。

③ 現場の写真

ラブホテルに入っていく写真、出て行く写真という決定的な証拠を押さえるため、調査会社に依頼する方法もあります。費用が高額なため、あらかじめ行動パターンを把握してピンポイントの調査依頼で費用を抑えることが出来ます。

兎にも角にも、離婚や慰謝料請求には証拠が必要です。証拠として有効かどうかについては専門家の判断を是非参考にしてください。

裁判所の認める証拠とご自身が有効と考える証拠との間には差があることが通常です。

妻の浮気を疑ったら是非当事務所にご相談してください。弁護士は裁判を想定し、証拠の有用性を判断することが出来ます。

・妻の様子がおかしい
・こんなメールは証拠として使えるか
・妻からどうやって話を引き出すか
・浮気相手への慰謝料請求の方法
など、是非一度当事務所にご相談下さい。

弁護士には早期に相談されることをおススメします。今後なすべきことが明確になり、慰謝料請求を数多くこなす弁護士に相談すれば気持ちが落ち着き、冷静な行動を取ることが可能となります。

また場合によっては、浮気を得意とする調査会社を御紹介させていただくことも可能です。

当事務所は初回相談料無料です。お気軽にご相談ください。あなたのために最適な方法のご提案をいたします。


離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE