離婚と年金の問題

横須賀市 離婚 年金

「離婚したら厚生年金ってどうなるの?」

 

年金の問題は熟年離婚でよく問題とされます。公的年金には、誰でももらえる国民年金と、サラリーマンなど二階建部分を納付してきた人がもらえる厚生年金があります。

 

国民年金は誰でももらえるので、問題にはなりません。問題は厚生年金です。厚生年金を受け取ることができるのは、被保険者のみです。

夫が働いて、妻は家事に専念するといった場合、妻が受け取ることができる厚生年金はごくわずかであるという場合が少なくありません。従前、多くの専業主婦の方が離婚後苦しい生活を強いられる、もしくは生活設計が出来ないため離婚自体を断念するということが多々ありました。

そこで創出されたのが年金分割制度です。
妻が専業主婦だった場合には、夫の厚生年金の保険納付実績を自動的に2分の1に分割することができます。婚姻期間中に夫婦の一方が納めた厚生年金の半額を、他方が納めたことに出来るのです。

分割割合は、話し合いによって決めますが、最大2分の1までです。基本的には2分の1で決定することが多いです。それは半分とする以外に合理的理由が存しないことによります。

話し合いで合意が得られない場合には、家庭裁判所で分割割合を決めることができます。年金の問題はそれぞれの生活設計に大きな影響を与える問題なので、専門の弁護士に相談し、正しく理解することをお勧めします。

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE