財産分与を弁護士に依頼するメリット

1. 財産分与を争う際の煩雑さ

財産分与は離婚条件の中で、最も争われる問題といっても過言ではありません。

その交渉は厳しいものになりやすい問題といえます。特に、不動産や、株式、退職金など、資産が大きく、複数になるほど、その争いは深刻化する傾向は顕著になります。

また、相手に離婚意思がなく、財産開示にすら応じてもらえない場合や、特有財産(婚姻前から片方が有していた財産や婚姻中であっても夫婦の協力とは無関係に取得した財産のこと)の主張・立証が必要になる場合など、単純な手続きだけでは解決できないケースも往々にしてあるのです。

 

2. 弁護士を代理人に選任すると、財産を正確な把握する可能性が上がります。

まず、弁護士に依頼すると、把握すべき財産の項目がわかります。相手が情報開示に応じない場合は、弁護士照会、裁判所での調査嘱託を利用することによって、相手の財産を正確に把握することが可能となり得ます(給与金額や預貯金残額、保有株式など)。

少なくとも、法律事務所の無料相談を利用し、ご自身が揃えるべき財産資料と注意事項について理解しておくことを強くお勧めします。

 

3. 弁護士に依頼すると、2分の1より多くの財産を獲得できる可能性がある。

次に、弁護士に依頼すると、2分の1より多くの財産を獲得できる可能性があります。

というのは、財産分与は、財産を2分の1ずつ分けることが原則ですが、具体的ケースによっては、交渉により2分の1より多くの財産を獲得できる場合があります。そのため、財産分与における交渉のポイントがわからないままご自身で交渉を進めてしまうと、獲得できたかもしれない財産を相手に取られてしまう可能性があるのです。

また、離婚の手続きが調停に移行した場合、相手方だけではなく、調停委員とのやり取りもポイントになってきます。こちらの主張が法的根拠に基づいていない場合や、まとまりのない主張になっていると、調停委員にこちらの要望を聞き入れてもらえないことが多々あります。

また、調停員によっては自分の考えが正しいと勘違いして一個人の意見を押しつけてくることがあります。そのような調停員の意見を排斥し正規の財産分与を実現するためには離婚調停に精通した弁護士を代理人とすることが近道と言えます。

そのため、調停で財産分与を争う場合は、交渉のプロであり、調停委員とのやり取りに慣れている離婚に注力する弁護士へご依頼されることをお勧めいたします。

特に、相手方に弁護士が付いている場合は、こちらに不利な結果で終わる可能性が非常に高くなりますので、ご自身も弁護士に依頼することを強くお勧めいたします。武器対等の原則といい、相手が専門家である弁護士を付けているのに自分のみで離婚交渉や調停を行うことは相手に一方的有利な結論を導く原因となりかねません。

 

4. 弁護士に依頼すると、早期解決につながり、精神的負担の軽減にもつながる

今まで述べてきたように、自分が望む、後々後悔しない財産分与を実現するためには、多くの資料を的確に揃え、相手との交渉力に長け、場合によっては調停委員とのやり取りも上手くこなさなければなりません

そのために、情報収集や資料収集に多くの時間を費やす必要があります。また、相手との直接の交渉は離婚するくらい夫婦間はうまくいっていないわけですからそれだけで精神的にも大きなストレスとなります。

しかし、弁護士に依頼しておくことで、情報収集のために割く時間の節約になりなおかつ、的確な証拠収集や主張に繋がり、交渉も弁護士が行うため、相手と接触することはなくなり交渉によりかかるストレスはゼロとなります。その分、離婚後の生活準備に時間をさけるようになり、離婚後の生活設計ができていると、精神安定にもつながります。

また、プロである弁護士はその事件毎の争点や主張するタイミングなど的確に判断できるため、無駄な紛争を回避することで解決までにかかる時間を短縮し、早期解決となることが多いのです。

以上のように、弁護士に依頼することで本来深刻な紛争を招きがちな財産分与を早期かつ有利に解決出来る可能性が上がりますので、まずは当事務所の初回無料法律相談をお気軽にご利用下さい。

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE