慰謝料と財産分与

離婚問題において財産分与は結果的に最も大きな金額となることが多いです。ご相談者様は、慰謝料についてはご存じの方は多いのですが、財産分与についての知識をそれほどお持ちでない方が多くいらっしゃいます。

 

財産分与とは、「夫婦が結婚をしてから協力して築いた財産」をどのように分配するかということです。つまり、財産分与は例えば結婚前にそれぞれが蓄えていた財産や、結婚に際して実家からもらってきた財産などは、対象の範囲外になります。>>>財産分与について詳しくはこちら

 

よく、慰謝料請求と財産分与は離婚問題において同時に考えられることがありますので、同じ財布から慰謝料、財産分与とそれぞれ取り分けると勘違いされているケースがありますが、

慰謝料請求における対象となる財産は、財産分与の範囲外の財産も対象となるという点に注意が必要です。

 

慰謝料と財産分与の対象財産のイメージ

慰謝料と財産分与の対象財産のイメージ2

このときポイントとなるのが、慰謝料と、財産分与とを別物として区分し、それぞれについて取り決めを交わすことです。よくある失敗例としては、弁護士が介入しなった協議離婚などにおいて、慰謝料と財産分与との区分を明確にせず、金銭問題をまとめて●●●万円というような形に協議で決めてしまうケースがあります。

これでは、例えばまとめて500万円というようにしてしまった場合、実は財産分与で500万円、慰謝料で200万円をもらえていたはずのケースであっても、もらい損をしてしまう場合があります。

 

また、慰謝料と財産分与についての区分を明記しなかったために、離婚後に慰謝料、財産分与ともに支払を終えたつもりであっても「まだ慰謝料の支払が済んでいない」ともめてしまうケースや、

離婚後に改めて財産分与も請求しようとしていた場合に「既に財産分与についても支払い済」と言われてしまう場合もありま。

 

慰謝料と財産分与についてお考えになられている場合は、このような失敗をしないためにもまずは弁護士に一度ご相談をして頂き、その上で取り決めについて弁護士と検討していくことをお勧めします。

 


離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE