モラハラと離婚について

モラルハラスメントについて

モラルハラスメントとは、家庭などの小社会において優位にある人間が劣位にある人間を軽視して傷つけることを言います。

具体的には、精神的に苦痛を与える暴言や嫌がらせなどのこと言い、モラスハラスメントを行う夫をモラハラ夫などと呼ばれています。

ドメスティックバイオレンス(DV)とは違い、実際に暴力を振るわないものの、言葉、行動、態度を使って精神的苦痛を与えます。

最近離婚を考えている相談者の方にモラルハラスメントを受けている方が多数いらっしゃいます。

それらの方達の相談を伺うと、ご本人は「えっ、私はモラハラを受けていたの?」などとおっしゃったりします。

逆にモラハラ夫を許せない!と意気込んで相談にいらっしゃる方の話をよくよく伺うと、相手以上に暴言を浴びせていたりします。

夫婦のことを親しい人に話して「モラハラじゃない?」と指摘されたり、たまたま読んだ雑誌の記事で「これってもしかして・・・」と思い相談にいらっしゃる方がおります。

モラハラ夫の特徴

1.自己顕示欲が高い

モラハラ夫は周囲の評価に気を払います。

あの人は自分をどう思っているんだろう?そのようなこと一般人に比して異常と言えるほど気にします。

とにかく人より自分は優れているそういった優越感に浸って悦には入るのです。人から優れていると見られたいと思っています。

実際には、もちろん世間でエリートと呼ばれる方もいる一方で、何を根拠に自信を持っているのか?というような方もモラスハラスメントの加害者になっているケースがあったりします。

 

2.自分の非を認めない

モラハラ夫の特徴として、自分の非を認めず、何を言っても相手のせいにします。

例えば、自分が浮気借金をしたとしても「少ない小遣いしか渡さないお前が悪い」というように相手のせいにし、何かあると「誰のおかげで飯が食えているんだ」「俺の家だ、出て行け」などと話をすりかえてまで自己の正当性を維持しようとします。

 

3.突然切れる

突然切れるのも、モラハラ夫の特徴です。

どういう理屈なのか不明ですが、切れることで自分の地位が保持できると考えているらしいです。

切れると自己の方が偉いことを象徴しているなどと考えているようなのです。例えば、いつもと同じ料理を出しても、突然「何だ、この味付けは!」といった具合に突然怒り出したりします。

 

モラルハラスメントは周りから気づかれにくい

モラルハラスメントは家庭の中で行われるため、周囲の人は気付きにくいのが通常です。

また、世間体はとても穏やかな人なので、周囲の人は「いい夫」と評価して、本人もモラハラを棚に上げて素晴らしい夫と勘違いを深めていきます。

 

お悩みの際は初回無料法律相談へ

モラルハラスメントの被害者の多くは、自分が被害者であることを認識していません。

自分は夫みたいに優秀ではないので、言われても仕方ないなどとマインドコントロールでも受けているかのような状態の方が多いのです。

モラルハラスメントは飽くなき自己肯定欲があるためどんどんエスカレートしていくことが多く、被害者の方は我慢しようとしますが度を過ぎると鬱病などの精神疾患を患うこともあります。

しかも、モラルハラスメントが治る可能性はとても低いのが実際です。自己愛性人格障害という病名の立派な精神疾患なのです。

本気で治すには専門医の下で治療が必要ですが、モラハラ夫が自ら病気などと認めることはありません。

要するに、耐えるだけ時間の無駄であり、必要なことは今すぐそのような人間を自分の人生から遠ざけることなのです。

 

おかげさまで当事務所にはモラルハラスメントで悩んでいる多くの方方からご相談頂いていおります。

一人で悩まずにまずは当事務所の初回無料法律相談をお気軽にご利用ください。


離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE