男性が有利に離婚協議を進める方法

離婚協議において男性側が不利という意見をネットなどで散見します。

本当にそうなのでしょうか。一概にそうともいえないケースもあります。

不利の内容も金銭面を指すことが多いのでしょうが、それもケースによるということとなります。

妻から離婚を切り出されたとき婚姻費用の問題が大きな足かせとなります。

妻の方が夫よりも収入が低い場合、夫は妻に対して生活費を負担する義務があり、これを法律上、婚姻費用といいます。

そして、離婚協議中であろうが、正式に離婚が成立するまで婚姻費用を負担し続ける義務があります。

 

別居している場合は毎月低額を支払う必要があり、その金額も総収入を基に算出されるため、生活に支障が出るような金額となることもあります。

ですから私が妻側の弁護士になった際は、とにかく早期に高額の婚姻費用を支払わせることを優先させます。

そうすれば、「あと何年この金額を支払うのか・・・」と相手方は考えてこちらの要求を飲む確率が高くなります。

離婚に注力する弁護士であれば当然に採る手段と言えます。

こういった妻側の姿勢に対しては、まず離婚を成立させるということを提案することもあります。ただ、以外とこの手段を選択してくる弁護士が多いのですが、当然私が妻側に付けばそのような提案は一蹴します。要は相手に嫌と言われればそれまでの方法なのです。

但し、相手が有責配偶者であり、裁判所がそのことを認めれば妻の生活費については負担不要となります。浮気やDVの有無が問題となります、

青天の霹靂で離婚を切り出され、よくよく考えたら外出が多かったり、朝帰りしたり、下着や化粧が派手になったなどがあるのであれば、不貞行為の証拠をつかめるか模索するの一つの手です。

では、男性側はどうすればよいでしょうか。

まずは、相手が弁護士を付ける前に一気に話を纏めるという方法があります。

調停に持ち込ませないよう多少の大盤振る舞いをしてでも離婚に応じるのです。

ただ、この方法も「弁護士を付ける前」と書いたように、相手に弁護士が付いてしまうと相応の代償が必要になります。

協議での早期決着が見込めない場合どうすれば良いでしょうか。

妻側が別居を敢行したり、離婚を切り出しながら婚姻費用調停のみ申し立てているのであれば婚姻費用をテコとして有利に離婚しようとしているのは明白です。

私はそのようなときは、すぐにカウンターで離婚調停を申し立てるよう助言しています。

要は、離婚についても「締め切り」を作るのです。

離婚調停が始まらないとすべては相手の気分次第で離婚するかどうかが決まります。

相手が別居して婚姻費用を請求してきた、特に浮気やDVもない、相手の引き延ばしでしょう、そんな主張をタイミング良くすれば、裁判所も離婚を検討するように説得してくれます。ですから、裁判所をうまく利用すると共に、離婚成立へのスケジュールを明確にするためにこちらから離婚調停を申し立てるのです。

また、妻は、経済的な安定性や子供の環境維持を捨ててまで、離婚を選択した訳ですから、最初から戻る気はなく、本音では早く離婚をして新しい暮らしを始めたいのです。

妻の持っている離婚をしたいという気持ちを揺さぶることで離婚を早められるように交渉します。

事案によりますし、ここでノウハウを明らかには出来ませんが、相手の離婚意思をくすぐる方法はいくつかあるのです。

そういった要素を闇雲にではなく、適切なタイミングで提案することが肝要です。

離婚の合意がとれれば、後は条件を一気に決めてしまいましょう。

もちろん一筋縄ではいかないケースもあるでしょうが都度適切に対応していく他ありません。それでも相手の引き延ばし戦術を崩せたのであれば、離婚までもう少しと言えるでしょう。

いずれにせよ、離婚を不利な条件で終わらせないために、引き延ばされて延々と婚姻費用を支払わないためには、軍師として弁護士を付けることがベターと言えます。

特に離婚問題に注力している弁護士であれば、上で述べたような不利な点を解消すべく尽力してくれるでしょう。

まずは、一人で悩まずに当事務所の初回無料法律相談をご利用下さい。

きっと得るものがあるはずです。

投稿者プロフィール

島武広
島武広島法律事務所 代表弁護士(神奈川県弁護士会所属)
当サイトでは、離婚問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム
解決事例

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE