定年退職と離婚について

長年勤務してきた会社を定年退職したら、

「離婚してください」

と言われてしまい、どうして良いかわからず慌ててしまう。

そんな方が増えています。

また、男性側から定年退職を機に「別れてほしい」と伝えるケースも増えてきています。

そんな定年退職と離婚について話していきます。

1、 定年退職離婚増加の契機

年金分割制度の創設が定年退職離婚急増の原因になったのは間違いありません。

専業主婦として家庭を支えてきた女性は、それまで基礎年金部分のみの受給となるため、離婚してしまうと死ぬまでパートなどをしなくてはならず、我慢していた方が多くいました。

年金分割制度の創設により、ご主人が納めてきた年金掛け金の半分を自己の掛け金とすることで基礎年金+αの定期収入が見込めるようになったため、女性側が以前より離婚に踏み切りやすくなりました。

 

2、よくある定年離婚の原因

代表例を挙げていけば

① 家事・育児に協力してくれなかった

何年経とうが女性は覚えています。「私は家政婦ではない。」定年退職離婚を強いられる男性がよく聞かされる言葉です。
特に産後の協力の有無は夫婦関係に大きな影響を与えます。そのときに浮気したなどあれば、女性側は復讐の機会を伺っています。

 

② 子どもが独り立ちした

多くの女性は、子どもを最優先し、子どもの結婚式を片親で迎えさせたくないなどの理由で離婚を我慢しています。昨今、結婚年齢の上昇により、丁度ご主人の定年付近での独り立ちが増えていることも影響しています。

 

③ 住宅ローンも支払い終えた

住宅ローンの支払いが終われば、退職金と家の価値が丸々財産分与の対象となるため、うまくいけば女性側もそのまま従前の住居を取得して住み続けることも可能となります。

④ 不貞行為があった

こういったことが過去にあれば躊躇もしなくなります。現在進行形であればなおさらです。

 

⑤ 会話がない

よくある話ですが、二人で老後を過ごすのにこのような状態だと厳しいですね。

 

⑥ 自由になりたい

男性側によくある話です。ハーレーダビッドソンで日本1周など、突如主張し、そのためには離婚を、などという話です。

 

3、定年退職離婚のデメリット

当然定年退職離婚にもデメリットはあります。

特に女性側が不安を抱くのは

「生活できるのだろうか」

という点に集約されるでしょう。

 

漠然とした不安を抱いていても、その不安は解消されません。

下記のことをやって具体的に離婚したら生活がどうなるか把握してください。

① 年金事務所に行き、年金分割ための情報通知書と一緒に離婚し年金分割した際の年金シュミレーションを取得する

これにより、離婚後の定期収入の金額が分かります。

 

② 住居の査定を不動産会社に依頼する

住宅ローンが残っているなら、価値との差額を知ることでき、住宅ローンがなければ丸々2分の1が財産分与の対象になります。これは別居後にも出来ますので、慌てなくても大丈夫です。

 

③ 退職金の金額・支給時期方法を調査する

金額が大きいため、やはり生活のシュミレーションには必須といえます。

 

④ その他夫婦の財産を調査する

財産分与の対象になる財産を把握することで実際のまとまった資金がいくらになるかを把握できます。

以上により離婚後の生活がどのような水準になるかわかります。
その上で、離婚するかどうかを検討してみることをおすすめします。

 

4、定年退職離婚する際に注意する点

すでに述べていますが、後で後悔しないため、しっかりとした準備と情報収集をする。
それにつきると思います。
相手にわからないように動けば、よほど財産関係をブラックボックスにする相手でなければ、それほど財産関係の調査は難しくありません。
しっかりとした調査をし、その後の生活を把握した上で、離婚するかどうかを決め、離婚するのであれば、行動に移すことが大切です。

 

5,専門家である弁護士へ相談する

定年退職離婚をする多くの皆さんが最初の離婚ということになると思います。

未経験のことを一発でうまくやるというのはどんな事柄でも難しいことです。

それが、法律の絡む離婚であればなおさらです。

定年退職離婚をするのであれば、自分の立てた計画に改善点や修正点がないのか、離婚に注力する弁護士に聞いてみることをおすすめします。

そこで「大丈夫」とお墨付きをもらえれば憂いなく手続きを進められますし、修正点が見つかれば、相手に提案する前に再考すれば良い話です。

専門的知識に基づいたアドバイスをもらうことがプラスになることはあってもマイナスとはならないのではないでしょうか。

まずは当事務所の初回無料相談をお気軽にご利用ください。

投稿者プロフィール

島武広
島武広島法律事務所 代表弁護士(神奈川県弁護士会所属)
当サイトでは、離婚問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム
解決事例

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE