育児に協力してくれない夫との離婚を検討されている方へ(ワンオペ育児離婚)

最近夫が育児に協力してくれない「ワンオペ育児」を理由に夫婦関係が悪化し、離婚したいという相談が増えています。以下説明していきます。

1、ワンオペ育児とは?

「ワンオペ」とは「ワンオペレーション(One Operation)」の略で、「すべての作業工程を一人が行っている」状態を言います。ですので、ワンオペ育児とは、夫婦のうちの一人のみで育児している状況を言います。

近年日本では共働き夫婦が増えて、女性も男性と同じように家計を支えているケースが多いです。

それにもかかわらず、男性側が然したる理由もなく「疲れている」などと言って育児をせず、携帯ゲームなどに興じていると愛想を尽かされてしまうのです。

2、ワンオペ育児の原因

「ワンオペ育児」はどうして起こってしまうのでしょう。以下のような理由が考えられます。

(1)夫が家事育児に非協力的

「イクメン」などという男性が増えたものの、「育児は女性の仕事」と思い込んでいるケースもあります。

(2)核家族化

最近では核家族化が進み、実家から遠く離れて生活している夫婦も多く、夫や妻の周囲に子育てを手伝ってくれる親族いないため、核家族化がワンオペ育児の一因となっています。

(3)夫の労働環境

会社が激務の場合、帰宅してから何かをするというエネルギーもなく、休日も疲れを取るのに精一杯ということも原因の一つです。ご主人が高収入であれば、お金で家事代行を頼んだり外食するなどして奥様の時間を買うことも出来るのですが、ブラック企業で激務かつ低待遇だと転職で解決することもあります。

3、夫の胸の内

ワンオペ育児によって妻に過剰な負担がかかっている夫は以下のような考えでいることが多いです。

(1)本当は早く帰りたい

会社の状況で深夜まで働いていらっしゃる方は、実は家族思いで本当は育児に協力したいと思っている方が多いです。愛する家族のため、しっかり稼ぐことが自分の役割であり、家族、特に妻はわかってくれていると考えています。

(2)早く帰らなくても良い

家に帰っても妻がイライラしている、手伝おうとしたら文句ばかり言ってくる、などと言い夜に遊び歩いても構わないと開き直る方もいます。

このようなケースだと確かに奥様からすると論外かもしれません。ただ、手伝ってくれると助かること、手伝ってくれたら否定はせずに感謝することで徐々に改心する可能性があるかもしれません。

 

4、ワンオペ育児離婚の回避方法

ワンオペ育児が長期間となり、離婚に至るような雰囲気になった場合、回避するにはどうすればよいでしょうか。

(1)話し合う

1にも2にもしっかり話し合いをすることが重要です。

ワンオペ育児が負担であり、精神的に参っているとしっかり意思表示してわかってもらうことが何よりも大事です。それでも協力しないなら、それは離婚されても仕方ないのでしょう。

逆に夫側からすれば、こうしてくれれば積極的に関与できる、仕事がどうにもならなくてやりたいのに出来ないなどと現状を伝えることが大事です。

以上のように自分の考えを話し、夫婦双方の意思を確認することで、ワンオペ離婚を回避できるかもしれません。

(2)奥さんが1人で過ごす時間を作る

自分が見るから出かけてきなよ、と声をかけてみてはいかがでしょうか。
普段の息抜きになるとともに、案外子供と一緒にいることの貴重さを再認識したりすることもあります。
「あなたばかりずるい」こんな言葉があったら有効な方法となるかもしれません。

(3)周囲の協力を得る

ワンオペ育児が辛いならば、周囲の協力を仰ぐのも1つの方法です。

たとえば実家の家族が近くに住んでいたら、祖母や姉妹などに家に来てもらって子どもを見てもらうことも考えられます。

保育園の延長保育などの制度も最大限利用しながら、ママ友に相談して愚痴を聞いてもらったり、共働きの友人や先輩のママさんに上手な対処方法を聞いたりすることも役立ちます。

5、ワンオペ育児は離婚原因となるか?

まず、答えから言うと、
「それだけでは離婚理由にはならない」
ということとなります。
別居を長期間して初めて裁判所は離婚を認める判決を書くかと思います。

だからといって諦めなくてはならないかというとそれも違います。

相手が良いと言えば離婚を認めてもらうことが出来るのです。

男性相手であれば、戻る意思のないことと別居により「いないこと」を慣れさせることで離婚に至るケースが多いです。

ワンオペだからと諦めず、離婚意思が堅いのであれば是非一度弁護士へ相談することを祖すすめ致します。

もちろん、離婚自体にお悩みの場合も是非ご相談ください。客観的に離婚を多数扱う「離婚弁護士」ならではのアドバイスを受けることが出来ると思います。

自分一人で悩んでいても良い解決にはつながりにくいものですし、離婚を進めるにしても適切な準備が必要となります。離婚問題に強い弁護士に相談をするだけで、見えてくるものがあるので、離婚するにしても避けるにしても、1度、当事務所の初回無料法律相談をご利用ください。

執筆者

島武広
島武広島法律事務所 代表弁護士(神奈川県弁護士会所属)
当サイトでは、離婚問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。
離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム
解決事例

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE