モラハラ夫対策に注力する理由

当事務所はモラハラ問題に注力しているのですが、実は最初から何かの理念等があった訳ではないのです 。
平成27年に代表弁護士である島が地元横須賀に当事務所を開所して以来、モラハラ夫に悩む女性の方が多くご相談にいらっしゃいました

あまりにも相談数が多いので、ある時から理由をお尋ねすると

「島先生の写真を見て守ってくれそうな感じがしたから」

と殆どの方がおっしゃるのです。

カメラマンの方に感謝しないとなりませんが、その写真のおかげでモラハラ夫に苦しむ方を多く手助けできる機会に恵まれました。

そのような次第でモラハラ夫との交渉を数こなしていくと、どうもモラハラ夫は、島の言うことを良く聞く傾向にあることがわかってきました。

直接島と会えば180センチを超え、骨太の筋肉質で色黒の島の風貌に圧倒されるのはわかるのですが、電話などでもその傾向が現れてきました。

そうやって多数のモラハラ夫案件を解決に導いていき、当事務所ならではの手助けが出来ると思い注力していったのです。

注力すればするほど、案件をこなせばこなすほどわかることがあります。

モラハラ離婚は難しい

まず、モラハラ離婚は難しいのです。

単に「モラハラ」というだけでは法定離婚事由の存在を立証できないため、簡単には離婚ができず、法律的知識はもちろんですが、それ以上に知識と経験に裏打ちされた交渉術が必要不可欠になります。

ただでさえ、離婚に後ろ向きのモラハラ夫を離婚のテーブルに乗せて、離婚の結果を出すには、その時その時の判断や豊富な経験に裏打ちされた技術がないと、かえって紛争を激化してしまうことがあります。

そういった点で数多くの案件を手掛けた当事務所は自信をもって皆様をお助けできると考えています。

 

モラハラ被害の一番の理解者は弁護士

また、モラハラに苦しむ方を一番理解できるのは、弁護士だと言うことを確信しています。

モラハラ夫は、外面が良く社会的地位が高いことが多く、モラハラ夫に苦しんでいることを相談しても周りにはなかなか理解してもらえません。

モラハラ夫のことを知っている人であればあるほど、「あんないい方はいない」「あなたがわがままでは」等と言われてしまうのです。

モラハラという言葉事態が最近出来たこともあり、世間一般の人はモラハラ夫の所行を訴えてもなかなか理解してくれないのです。それが家族や人であれば、被害者のはずなのに自分が悪いとまで思ってしまうのです。

私たち離婚問題及びモラハラ対策に注力する弁護士は、モラハラは当たり前の事ですし、皆さんのご苦労を誰よりも理解できます。

決して皆さんが悪いわけではないことを具体的根拠と共にお教えできるのです。

以上のような理由から当事務所はモラハラ夫対策に注力しております。

お一人で悩まず、まずはお気軽に相談にいらして下さい。
きっと何か得るものがあるはずです。


離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE