相手の消極財産を財産分与の対象外として調停離婚した事案

依頼者情報

年代 40代

性別 女性

職業 準公務員

居住地 三浦市

年収 1000万円程度

相手方情報

40代 男性 公務員

居住地 三浦市

年収 700万円程度

子供の有無 あり 2人

別居の有無 あり

解決までの期間 1年

争点と結果 財産分与

慰謝料の有無 なし

財産分与の金額 100万円程度

解決金 なし

相談のきっかけ

依頼者の方は、度重なるご主人の金銭問題に悩み、このままではお子様にも影響が出ると考え当事務所に相談へいらっしゃり、何度か相談の後受任となりました。

弁護士の着眼点

最近散見されるのですが、本件は女性側が高収入かつ財産を持っているケースであり、相手の今までの行いからして、こちらからの支払いを少しでも抑えたい事案でした。
浪費した借金とオーバーローンの不動産をどう扱うかが問題でした。

担当弁護士のポイント

驚いたことに相手方は、子の引き渡しを求めてきました。
その際、相手方は、自分の行動を棚に上げてあることないこと調査官に話していました。

当然、子の引き渡しはあっという間に排斥されましたが、相手方の態度に一抹の不安を覚えました。
調停が始まり、婚姻費用はあっという間に終わったものの、離婚の方は難航しました。

理由は、相手が消極財産を財産分与に含めることを主張してきたことによります。相手の主張を前提にすると1000万円近い金額を相手方に渡す必要があり、どう対処していくかが問題でした。
まず、相手の浪費による借金は代理人間の交渉ですぐに財産分与の対象から外しました。裁判になっても同様の結論であり、相手代理人もその点は理解していました。

残りは住宅ローン付の不動産ですが、裁判例では財産分与の対象にするものもあれば、されないものもあり、予断は許しませんでした。

こちらとしては、従前依頼者の方が相手の借金返済もしてきたことなどから財産分与には応じられない、どうしてもというなら裁判で浪費も含めて徹底的に争う、との姿勢を崩しませんでした。

引き続き調停間に代理人間の交渉も継続していきました。

時間は要したものの、何とか不動産を財産分与の対象から外し、無事決着となりました。

最終的には100万円強のお金を支払うことで解決となり、一安心でした。

長年相手の借金に苦労してきた依頼者の方からすれば、こちらから支払うのは受け入れがたいことなのですが、裁判所のルールからすると致し方なく、その点をご理解いただき、なんとか良い結果を出すことが出来ました。

 

関連する記事はこちら

一方的な離婚条件を押し付けられたら

執筆者
島武広 
島法律事務所 
代表弁護士(神奈川県弁護士会所属)

当サイトでは、離婚問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。|弁護士紹介はこちらをクリック>>

当サイトでは、離婚問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。|弁護士紹介はこちらをクリック>>

離婚に強い弁護士に
相談・依頼する
メリット
もっと見る
お一人で抱え込まず、
弁護士にご相談ください。
お一人で抱え込まず、弁護士にご相談ください。
初回相談無料
神奈川県横須賀市大滝町1-25ー1
横須賀ベイビュービルディング5階
初回相談無料 受付時間 平日 9:00~18:00 夜間応相談
-->