40代・50代の離婚

子育ても落ち着いて、大凡人生も残り半分を過ぎた40代、50代。

そんな時期に離婚をする、いわゆる「熟年離婚」も最近では珍しくなく、当事務所にも非常に多くの相談者の方が日々いらっしゃいます。相談にいらっしゃる方に多く共通する点。

それは、自分の人生を改めてやり直したい、残りの人生を後悔なく生きたいという思いです。

男性にとって“離婚適齢期”は50歳前後 

男性も40代を過ぎてくると、ある程度自分の将来像が見えてきて、あと何年で、どのようなポスト経て退職し、退職金はこれくらい、定年後はどのような生活となるか。

そんな時に妻との結婚生活を振り返り、ちょうどお金も仕事も余裕があって女性から持てる時期でもあり、俺だってもう一度・・・と考えてしまうケースは非常に多かったりします。

さらに、その離婚適齢期は「50歳前後」といえます。例えば、40代前半であれば子育てもまだあり、仕事も忙しくそんな考えを持つ余裕もない、逆に55歳を超えてくるとそのようなことを実行に移す気力がなくなってしまいます。

「同窓会」での再会

それまで漠然と抱いていた自分の人生、結婚生活、妻や家庭に対する不満、将来に対する不安を一気に「離婚」という形まで昇華させる契機のひとつは、「同窓会」です。

近年SNSにより人々が簡単につながれるようになり、昔の友人や同級生との仲が簡単に復活するようになりました。これまでは子育てをある程度終えた人々が久しぶりに再会する場、それが同窓会でした。

40代になり、これまでを振り返り、「人生をやり直すならまだ間に合う」というギリギリのタイミングに、淡いセピア色の思い出を共有する男女が再会し、一気に情事に及ぶことが少なくありません。

実際に、当事務所に持ち込まれる相談の中にも、同窓会をきっかけとした不倫問題や離婚問題は多くあります。

人生を「やり直すなら今しかない」と思うのがこの年代なのかもしれません。

女性は愛想を尽かす

50歳前半という“離婚適齢期”が存在する男性に対して、女性は何歳になっても年齢によらず離婚したい方が多いです。

子供が自立する40代、50代になると、一人の時間が増えます。

自分の将来について考える時間も増えてきます。そんなときに更年期を迎え、夫と生きていくことは正しいのか?と疑問を感じるようになるのです。相手は4,50代のおじさんであり、アラを探せばキリがありません。一気に離婚へ邁進していきます。

このため、女性からの離婚相談は幅広い年齢層になり、50代後半や60代、ときには70歳を過ぎても離婚相談にいらっしゃる方がいらっしゃいます。なぜなら女性が離婚したいと考える大きな理由は、とことん夫が嫌いになりもう一緒に居たくないという嫌悪感が大きいからです。

子供のことを第一に考え、世間体を気にして家族一緒に暮らしていた時代とは違います。会話もなく、家事育児も手伝わず、スマホをいじっているだけの夫と一緒に暮らすよりは、一人で暮らす方がマシと考える女性も実際に多くなっています。

「離婚後」の人生設計のためにも弁護士に相談を

もちろん、40代、50代の専業主婦が離婚すると、経済的に困窮することがあります。

財産分与や年金分割などにより離婚後の経済的な状況をまずは把握してみてください。50歳を超えていれば、年金機構で年金シュミレーションもしてもらえるので、生活設計をしやすいと言えます。

そのためにも、まずは相手の財産状況を同居して夫婦をしているときに可能な限り把握しておくことが重要です。財産に関わるものはすべて、全頁コピーしておきましょう。

そうした材料を基に現状を分析し、決断した上で、少しでも有利な条件で離婚できるように、物事を進めていくことが重要となります。

一般的にこの年代ともなれば、住居の住宅ローン額は少なく、預金、財形、生保など分けるべき財産が多くあるはずです。もらう場合も分け与える場合も離婚の意思表示をする前だから出来ることも多々あるのです。

当法律事務所では、離婚に注力し数多くの案件を手がけているからこそ出来る専門的アドバイス、良い条件での離婚を路肉ノウハウがあります。
ご自身の悩み、不安や心配を整理するためにも、一度当事務所の初回無料法律相談をご利用ください。

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE