早期に交渉で算定表を遙かに超える水準の養育費を獲得したケース(30代・女性)

writing-828911

年代 30代
性別 女性
職業 パート
居住地 横浜市
年収 120万円
子供の有無 有 2名
別居の有無 有 2ヶ月
解決までの期間 1ヶ月

争点と結果

養育費の金額 算定表の基準の数倍もの金額になりました。

相談のきっかけ

当事者間の協議でうまくいかず受任

弁護士の着眼点

今後の生活のため養育費をいかに高い金額とするかがポイントでした。

依頼者の方は、二人の男の子を抱え、今後の生活について不安を抱いていらっしゃいました。事案としては、依頼者の方、相手方ともに離婚、親権については早期に合意することが出来、お金の話だけが残されました。

残念ながら夫婦間には財産分与の対象となるような財産はありません。相手方は、会社を経営しているものの、会計上の所得の数字はそれほど高くなく、算定表を使うと今後の生活をするには不安の残る金額となってしまいそうでした。

ただ、相手方は、自営ということもあり、それなりにお金が回っていました

そこで、育ち盛りの二人の息子さんの将来を考えて欲しいと情に訴える交渉を繰り返し、従前の水準の生活をするに足りるだけの金額(算定表から算出される金額のおよそ2倍の金額)を養育費として支払いの合意をしてもらうことに成功しました。

協議で早期に解決となったため、万が一を考え、念には念を入れて公証役場にて公正証書を作成の上、無事協議離婚となりました。

養育費や婚姻費用については、多くの事案で算定表に基づいて金額を決めるのですが、この事案のように算定表に基づかずに金額が決定されることもあります

養育費について詳しい説明はコチラをご覧下さい>>

依頼者 パートアルバイトの最新記事

女性の最新記事

相手方 自営業の最新記事

解決事例の最新記事

解決期間 1~3か月の最新記事

離婚の最新記事

離婚を求めたの最新記事

養育費の最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE