夫の同僚であった不貞相手に対し、仕事の継続と夫との交際を黙認し慰謝料を増額したケース(50代・女性)

依頼者属性

年代  50代
性別  女性
居住地 横須賀市
年収  
200万円以下

相談のきっかけ

ご主人が激務であったため、休日を除き勤務先近くのアパートに住んでいたところ、勤務先の同僚との不貞関係が発覚し、当事務所へ来所されました。

争点

慰謝料の金額、相手の仕事継続、夫と相手の交際の継続

弁護士の着眼点

当初は、慰謝料をもらうとともに相手には勤務先を辞めてもらい、二度と夫に近づかないことを誓約させる予定で交渉していましたが、夫の態度等から依頼者の方が離婚を決意されたため、金額を上げることに注力することとしました。

結果

こちらから内容証明郵便を送付するとすぐに相手には代理人が付きました

相手の代理人は、離婚しないこと、及び、夫への求償権の放棄を約束するので、慰謝料の減額を主張してきました。色々と主張をしましたがなかなか金額は上がりません。

そうしたところ、上で述べたとおり、交渉期間中に依頼者の方が離婚を決意されたため、相手に対し、金額をこちらの要求額にすれば、仕事の継続と夫との交際を不問に付すことを伝えました。多少の抵抗はあったものの、最終的にはこちらの要求額での決着となりました。

相手の減額根拠を上回るメリットを提示することでこちらの要求を通すことが出来ました。

メール・LINEの最新記事

写真・手紙の最新記事

慰謝料の最新記事

慰謝料を求めたの最新記事

慰謝料金額 151~200万円の最新記事

本人の証言の最新記事

解決事例の最新記事

解決期間 1~3か月の最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE