離婚に応じない相手方に対し、強硬な姿勢を示し続けて協議離婚を実現したケース(30代・男性)

resized_writing-1149962

依頼者属性

年代 30代
性別 男性
職業 会社員
居住地 横浜市
年収 500から600万円
相手方 30代 女性 会社員 400万円程度
子供の有無 2人 保育園児2名
別居の有無 有 半年(受任時)
解決までの期間 半年
争点と結果 離婚→調停不成立もその後協議にて離婚成立

 

相談のきっかけ

相手方との生活に疲れ果て別居を開始し、熟慮した結果離婚を決意。以後当事者間で交渉をしていましたが相手方が一向に離婚に応じないため、当職に依頼し、即座に調停申し立てをすることになりました。

弁護士の着眼点

依頼者に同情すべき点は多々あったものの、離婚事由となるような事情は存せず、離婚の合意が出来るかが最大にして唯一の争点でした。

結果

相手方は案の定離婚を拒んできました。

その他の点については常識的な範囲内で相手方の要求を聞いて交渉を続けましたが、別居状態での婚姻関係の継続を望む相手方に対しては「例え裁判となろうと離婚を諦める気は無い。訴訟も離婚が認められるまで何度でも提起する。」と離婚に向けた強い意志を示し続けました

残念ながら、調停は不成立となりましたが、離婚訴訟提起に向けて準備中、相手方から離婚に応じるとの連絡があり、無事協議離婚が成立しました。

離婚事由がないからといって諦めずに強い離婚意志を示し続けたことが離婚訴訟を回避できた最大の要因でした。

調停離婚について詳しくははコチラをご覧下さい>>

モラルハラスメントの最新記事

依頼者 会社員の最新記事

性格の不一致の最新記事

男性の最新記事

相手方 会社員の最新記事

解決事例の最新記事

解決期間 4~6か月の最新記事

離婚の最新記事

離婚を求めたの最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE