代理人間の交渉をしていき、第1回調停期日で離婚した事案

依頼者

年代 40代

性別 女性

職業 専業主婦

居住地 横須賀市

年収 なし

相手方

40代 男性 会社役員

居住地 横須賀市

年収 500万円程度

子供の有無 あり 二人 小学生と未就学児

別居の有無 1か月

解決までの期間 1か月半

争点と結果 財産分与、慰謝料、養育費

慰謝料の有無 双方なし

財産分与の金額 なし

解決金 数十万円

相談のきっかけ

相手方からのDVに長年悩み、更に激しさが増していき、金銭関係や生活態度も一向に改まらないため、別居し、離婚を固く決意され当事務所に相談にいらっしゃり、そのまま受任となりました。

争点

財産分与、慰謝料、養育費

弁護士の着眼点

相手方の態度に不安があり、どうなるかやってみないと考えていました。。

結果

相手方に内容証明郵便を送付したところ、程なくして代理人がつき、幸運なことに以前も代理人間で早期解決できた非常に信頼できる先生が相手方代理人となりました。

早速相手方代理人に連絡を取り、双方の要望を確認したところ、離婚、親権については争いないことがわかりました。

また、双方の説得の結果荷物の引き渡しもかなりの早期に実現できました。

その後も代理人間で交渉を継続し、養育費の金額、財産分与はしないこと、解決金の金額・支払い方法とどんどんまとまっていきました。

面会交流の実施方法のみ詰められませんでしたが、それも第1回調停期日で合意することができました。

依頼者の方が非常に聡明な方ということもありましたが、相手方は調停でも無理難題を言うなどしていましたが、不思議と相手方代理人のいうことを聞くようで無事解決となりました。

昨今の離婚事件では、まったく裁判所では相手にされないような主張をする人に限って、裁判所実務を平気で無視する弁護士に依頼し、事件が錯綜して大した争点もないのに訴訟に至ることが多くなっています

おそらくしっかりとした弁護士は、そのような方の事件を受任しないのだと思います。

少し前までは双方に代理人がつけば、裁判所実務を前提として、事案ごとの「落としどころ」を双方で認識して、互いに依頼者を説得することで適切な離婚条件での離婚が実現できていました。

しかし、最近はそのようなことをまったく試みず、単に依頼者の言っていることを垂れ流すだけ、基本的な知識もないような代理人が多数おり、離婚事件が錯綜しています。

そういった意味では、本件は相手方代理人に恵まれ、双方にとって納得できる早期解決が実現できました。

数年前の、ちゃんとした離婚弁護士同士の、事件処理を思い出させてくれた事案でした。

執筆者

島武広
島武広島法律事務所 代表弁護士(神奈川県弁護士会所属)
当サイトでは、離婚問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。

DV・暴力の最新記事

依頼者 主婦の最新記事

慰謝料の最新記事

男性の最新記事

相手方 会社員の最新記事

解決事例の最新記事

解決期間 1~3か月の最新記事

離婚の最新記事

離婚を求めたの最新記事

預貯金の財産分与の最新記事

養育費の最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム
解決事例

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE