不貞関係はないと開き直った相手方に対し訴訟提起して解決した事案

依頼者

年代 30代

性別 男性

居住地 横須賀市

年収 500万円

相談のきっかけ

依頼者の方と奥様は元々夫婦関係がうまくいっていなかったところ、朝帰りを繰り返すようになり探偵に調査を依頼したところ、不貞相手の家に泊まり込んでいることがわかり、今後の対応に悩み当事務所を訪れ、相談後そのまま受任となりました。

争点

慰謝料の金額

弁護士の着眼点

証拠からして不貞行為があったことは疑いなく、あとは夫婦関係の悪さがどこまで金額に影響するかが問題になりました。

結果

さっそく相手方に内容証明を送ったものの誠意ある対応はありませんでした。

開き直って慰謝料を支払う必要はない、不貞行為は存しないなどと言い、更には依頼者の方を犯罪者扱いする始末でした。

相手方は視力がないことを把握しており、裁判となっても従前の夫婦関係から金額が低額になったり、判決をとっても強制執行ができないおそれがあるということを念頭に置いて方針を検討しましたが、依頼者の方の「泣き寝入りはしない」という強い決意を確認できましたので、訴訟提起に踏み切りました。

訴訟開始後は、当然に不貞行為があったことを前提に審理が進んでいきました。

ただ、従前の夫婦関係がかなり悪化した証拠もいくつか出てきました。

相手方は最後の最後まで、自己に責任はない、不貞行為は存しない、と主張し続けたため、埒が明かず、裁判所からの和解勧告が出されました。

数十万円という金額でしたが、依頼者の方は「元々お金ではない」ということで、基本的に裁判所の勧告を受けることにしました

多少条件の上乗せをして無事解決となりました。

本件のように依頼者の方が求めるものをはっきりとさせて、その方針に従って思い切り尽力すると望む結果が出るのだと再認識した事案でした。

執筆者

島武広
島武広島法律事務所 代表弁護士(神奈川県弁護士会所属)
当サイトでは、離婚問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。

慰謝料の最新記事

探偵の調査報告書の最新記事

解決事例の最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム
解決事例

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE