執拗な相手方に対し、裁判所基準を譲らず数百万円慰謝料を減額して解決した事案

依頼者

年代 30代

性別 女性

居住地 横須賀市

年収 200万円

相談のきっかけ

依頼者の方は妻子ある方と関係持ってしまい、一度そのことで相手の奥様と話し合い、丸く収まったのですが、再度浮気をしたことが相手の奥様にばれてしまいました。間もなく相手の妻の代理人から依頼者の方に対して、金銭を請求する書面が届き当事務所にいらっしゃいました。相談後そのまま受任となりました。

争点

慰謝料の金額

弁護士の着眼点

依頼者の方は、前回の不貞行為から再度してしまったことを反省していますが相手の請求額が高額だったため、いくら減額できるかが争点でした。

結果

こちらの考えをまとめて相手方代理人に通知しました。

再度相手方代理人から返事がありましたが、相場から逸脱した金額でした

そこからは相手方代理人との協議を始めてこちらの金額の正当性を伝えていき、徐々に差がなくなってきました。

それでも相手方本人が裁判所では認められない金額に固執していました。

そこで、相手方代理人の事務所が離婚や不貞慰謝料に注力していたことを逆手に取り、書面にて相場を逸脱する条件を飲めないことを知っているでしょう、という旨を主張しました。

この段階でこちらの条件通りにいくことは明白だったため、相手方はまだ細かいことをいくつか言ってきましたが取り合わず、条件を変えませんでした。

程なく、慰謝料に詳しい代理人が相手方本人を説得してくれ、こちらの条件とおり数百万円の減額での解決となりました

慰謝料に注力する弁護士同士だからこそ、相場を逸脱してもまとまらないことを知っているため早期解決できた事案でした。

そのあたりは、何百件と慰謝料案件を扱ってきた当事務所ならではの解決だっと思います。

執筆者

島武広
島武広島法律事務所 代表弁護士(神奈川県弁護士会所属)
当サイトでは、離婚問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。

慰謝料の最新記事

慰謝料を求められたの最新記事

解決事例の最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム
解決事例

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE