交渉段階では条件提示をほとんどしてこない相手方に対し訴訟提起し100万円の慰謝料を一括払いで獲得した事案

依頼者

年代 20代

性別 男性

居住地 横須賀市

年収 400万円程度

相談のきっかけ

奥様がバイトを始めてから朝帰りや不自然な出掛ける用件が増えるなどしていたため、奥様の行動を注視していたところ、バイト先の学生との不貞行為が判明し、当事務所を訪れそのまま受任となりました。

争点

慰謝料の支払いとその金額

弁護士の着眼点

証拠からして相手の不貞行為は明白であり、奥様も素直に認め先行して離婚が成立しました。

結果

相手方に内容証明郵便を送付したところ代理人から返答がありました。

その内容は「悪いのは当方の依頼者であり慰謝料を支払う必要はない。ただ、早期解決のため少しだけ解決金を支払う」との到底受け入れられない内容の回答が来ました。

依頼者の方と打ち合わせをして逡巡することなく訴訟提起となりました。

訴訟でも相手方は然したる証拠もなく身勝手な主張に終始しており、中々双方の差は認められず、証拠調べを行うこととなりました。

証拠調べでは、依頼者の方が「離婚せずにまだ幼い子供の成長をそばで見ていていたかった」「子供にたまにしか会えないのが本当につらい」との心情を述べ、相手方も観念したのか反省の弁を終始述べていました。

証拠調べ後に、裁判官から今後について聞かれた依頼者の方は100万円の支払いなら応じるとの意見を述べました。おそらく判決となれば、これ以上の金額となったと思われ、そのことを本人にも伝えましたが、相手方が反省してくれたこともあり、早期解決したいということでした。

ほどなく相手方もその条件を受け入れて無事和解となりました。

事案からしてもすぐに100万円を支払って終了というケースといえましたが、相手方の開き直りで訴訟をほぼフルコースで行うこととなりました。

それでも、依頼者の方は、直接相手方の気持ちを目の前で聞き、何か吹っ切れた様子でした。

不貞をされた被害者としては1日でも早く解決してもらうのが良いとは思いますが、事案によっては証拠調べまですることで解決に向かうこともあるのだと勉強になりました。

執筆者

島武広
島武広島法律事務所 代表弁護士(神奈川県弁護士会所属)
当サイトでは、離婚問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。

その他の最新記事

慰謝料の最新記事

慰謝料を求めたの最新記事

慰謝料金額 100万円以下の最新記事

本人の証言の最新記事

解決事例の最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム
解決事例

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE