不貞行為をした相手方に対しあえて慰謝料を不問にして支払いをなくした事案調停離婚した事案

依頼者

年代 30代

性別 男性

職業 会社員

居住地 横須賀市

年収 500万円程度

相手方

30代 女性 会社員

居住地 横須賀市

年収 200万円程度

子供の有無 あり 2人 小学生

別居の有無 あり

解決までの期間 1年

争点と結果 婚姻費用、慰謝料、財産分与

慰謝料の有無 なし

財産分与の金額 なし

解決金 なし

相談のきっかけ

依頼者の方は、奥様が毎日夜にいなくなるのを訝しみ、探偵を雇ったところ、男の家に入り浸っていることが判明しました。いくつかの法律事務所や法律相談を訪れ「やっても無駄」と言われ途方に暮れ、当事務所にいらっしゃり、決して無駄ではないという見解を示したところ、受任となりました。

弁護士の着眼点

不貞の証拠は明白であり、通常であればすぐにこちらのペースに持っていけると考えましたが、通常ではない事実もあり、そのあたりをどこまでに検討し、どこまで強気で行くか微妙なバランスを取ることが大事と認識して交渉にあたることとしました。

結果

相手方に対し内容証明郵便を送付しましたが不貞を真っ向から否定するとともに、婚姻費用調停を申し立ててきたため、こちらも離婚調停を申し立てました。

程なくして相手方に代理人がつきましたが、訳の分からない理由や理由すらなく通常すべきことをしない対応を取り続けました。

相手方本人はここまで代理人が不誠実な対応をすることを知っているのか疑問に思っていました。

しかし、こちらはこちらで粛々と進めていく他ありません。

淡々とこちらの主張をしていきましたが、基本相手はスルーでした。

当然のように調停委員会はこちらの味方になっていきます。何のために依頼者が損をするような態度を弁護士が取るのかわかりませんが、こちらはやるべきことをやっていきました。

時間はかかったものの調停委員会から慰謝料は100万円程度という案が示されました。

当方はその条件ならOKでしたが相手は10万円だと根拠ない主張を繰り返します。

埒が明かないので財産分与を放棄し、未払い婚姻費用も放棄するなら慰謝料なしでよいから早く離婚しないか?と提案したところ相手が応じたため無事離婚となりました。

慰謝料100万円をどうしてあきらめたのかというと、財産分与をすればこちらは数百万円支払うリスクがありました。私が相手の代理人であれば慰謝料100万円を支払ってもお釣りがくるくらい財産分与にて財産を得ることができる事案でした。

そういったことを考慮して提案したのですが、おそらく不動産の査定すら取らない相手方代理人は何も考えず応じたのだと思います。

結果的に慰謝料は取れませんでしたが相手方に1円も支払わずに済みました。

弁護士もしっかり選べば満足する結論が出て、失敗するともらえるものももらえなくなるということがわかった事案でした。

執筆者

島武広
島武広島法律事務所 代表弁護士(神奈川県弁護士会所属)
当サイトでは、離婚問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。

不倫・浮気の最新記事

依頼者 会社員の最新記事

婚姻費用の最新記事

慰謝料の最新記事

男性の最新記事

相手方 会社員の最新記事

解決事例の最新記事

解決期間 半年~1年の最新記事

離婚の最新記事

離婚を求めたの最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム
解決事例

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE