相手の請求額を100万円以上減額して三者間で解決した事案

依頼者

年代 30代

性別 女性

居住地 横須賀市

年収 400万円

相談のきっかけ

妻子ある会社同僚の方と不貞関係となり、間もなく不貞相手の妻に見つかり、慰謝料請求を受け、当事者同士で話をしていたものの、相手方に代理人がついたため、当事務所に相談へいらっしゃり、そのまま受任となりました。

争点

慰謝料の金額、解決の範囲

弁護士の着眼点

いかに慰謝料の金額を下げていくかと本件でどこまでの範囲を解決していくかがポイントでした。

結果

相手方代理人との交渉は金額面ではそれほど差がなかったものの、付帯する条件で譲ることが出来ず、交渉決裂となりました。

しばらくして相手方から訴訟提起されたのですが、夫である依頼者の方の不貞相手も同時に訴えられていました。

通常は離婚にて話し合うはずの夫への慰謝料についても同時に請求してきたため、対応の難易度が上がりました。

不貞相手の方からもご依頼頂くこととなり、対応を検討しましたが、裸同然で追い出されていたため、慰謝料の原資がありませんでした。

そこで、別居前後に大きいお金の動きがあったため、そこを相手方に追求していきました。

訴訟提起されてはいましたが期日外において代理人間で協議し、ご主人のほうは、事前のお金の動きを清算し慰謝料についても解決として以後その財産については財産分与から除外することで合意でき、現実の支払いを一切しなくて済みました

最初からの依頼者の方も、当初交渉段階での金額と同額で、決裂の原因となった付帯条件なしでの合意となりました。

本件で何をどこまで解決するか難しい面もありましたが最終的にはこちらにとって良い条件での合意となり、依頼者の方にも喜んでいただけました。

単に慰謝料だけではなく、離婚にも踏み込んで事情を集めていったためできた解決でした。

執筆者

島武広
島武広島法律事務所 代表弁護士(神奈川県弁護士会所属)
当サイトでは、離婚問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。

慰謝料の最新記事

慰謝料を求められたの最新記事

解決事例の最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム
解決事例

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE