これ以上の関わりを絶つためあえて調停離婚した事案

依頼者

年代 30代

性別 女性

職業 公務員

居住地 横須賀市

年収 500万円程度

相手方 

30代 男性 公務員

居住地 東京都

年収 600万円程度

子供の有無 あり 一人 小学生

別居の有無 なし

解決までの期間 1年間

争点と結果 離婚、慰謝料、財産分与

慰謝料の有無 150万円

財産分与の金額 なし

解決金 なし

相談のきっかけ

出産後からご主人のモラハラ・DVがひどくなり、耐え続けていらっしゃいましたが、遂にはお子様の前でも日常的に繰り返すようになったため、今後を憂いて当事務所を訪れそのまま受任となりました。

弁護士の着眼点

相手方との復縁はないと固い決意の下ご依頼頂いたので、あとは少しでも良い条件で離婚をするだけでした。

結果

相手方の従前の態度から調停での解決がベストと考えて、別居日に調停申し立てをしました。相手方からすぐに連絡があり、色々と要求をされましたがすべては裁判所で話をすると伝えて調停開始を待ちました。

調停では、相手方は、「自分が被害者だ」「(共有財産であることは明白なのに)特有財産を返せ」など到底受け入れらない要求を繰り返していました。

その一方で、依頼者の方は、早期に面会交流を認めるなど、極めて誠意ある対応をされていました。

そうしたところ、徐々に離婚条件の差は縮まってきました。

慰謝料について相手が事実を争うため、確固たる事実が多数ある証拠を提出しました。

相手方も自らの非を認め、一気に条件が変わりました。

依頼者の方と話合い、こちらの最終条件を決め、慰謝料要求した全額、こちらが相手に支払うはずだった財産分与はなし、大学進学時に養育費は22歳まで、学費も双方の収入で案分して負担など、全面的にこちらの条件を認めてもらい離婚となりました。

依頼者の方が同居中、長期に亘り証拠を残されていたこと、一度決断したらぶれなかったこと、などが大成功の要因となりました。

非常に聡明で、分別やバランス感覚にも優れ、家計も助けてくれる依頼者の方に、いったい何の不満があったのか理解できない事案でした。

DV・暴力の最新記事

モラルハラスメントの最新記事

依頼者 公務員の最新記事

女性の最新記事

相手方 公務員の最新記事

解決事例の最新記事

解決期間 半年~1年の最新記事

離婚の最新記事

離婚を求めたの最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム
解決事例

執筆者:

島法律事務所 代表弁護士 島武広

(神奈川県弁護士会所属)

 

当サイトでは、離婚問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

 

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。

当サイトに初めてアクセスされた方はこちら

 

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE