訴訟提起し資力のない相手から130万円の慰謝料を一括払いで獲得した事案

依頼者

年代 50代
性別 男性
居住地 茅ヶ崎市
年収 700万円程度

相談のきっかけ

奥様の行動が怪しくなり、探偵を雇ったところ、ラブホテルに出入りしていることが分かり、不貞相手に内容証明を出したものの(依頼者)「夫婦が離婚調停中なので対応できない」と意味不明な解答をしたため、

慰謝料を請求を決意して当事務所を訪れそのまま受任となりました。

争点

慰謝料の金額、支払い方法

弁護士の着眼点

相手に非があることは明白である淡々と交渉していくこととしました。

結果

交渉段階で相手は「夫婦の離婚調停中だから対応できない」と本人が交渉したときと同じ訳の分からない回答をしてきました。

埒があかないため、すぐに訴訟提起しました。

相手方に代理人がつき、訳の分からない主張を序盤はしていたものの、裁判所の心証も早期に相手方が慰謝料を支払うということは避けられないと開示され、程なく相手方も慰謝料を支払うことを容認して弁論準備手続にて落としどころを探ることとしました。

当初200万円一括からスタートしたものの、相手方の資力は想像以上に乏しく、どこで妥協するかを検討していきました。

最終的には複数の条件を相手方に提示して、短期でやや少額か、長期で高額を支払うか迫りました。

そうしたところ、相手方が金策の目処が立ち、130万円一括という条件で無事まとまりました。

相手方の資力からして、一括としてはかなり良い条件であり、依頼者の方も早期決着を望んだので、この条件で終了となりました。

最近は訴訟まで、無視や訳の分からない主張をしたり、訴訟段階で代理人がついても、およそ認められない主張を繰り返すケースが増えてきました。

そのような場合には、相手に付き合わず裁判所へしっかりとした主張をしていくことで、適切な結果が得られます。

 

慰謝料の最新記事

慰謝料を求めたの最新記事

慰謝料金額 101~150万円の最新記事

探偵の調査報告書の最新記事

解決事例の最新記事

解決期間 1~3か月の最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム
解決事例

執筆者:

島法律事務所 代表弁護士 島武広

(神奈川県弁護士会所属)

 

当サイトでは、離婚問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

 

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。

当サイトに初めてアクセスされた方はこちら

 

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE