婚姻費用調停において主張を尽くして減額した事案

依頼者属性

年代 70代

性別 男性

職業 無職(年金生活者)

年収 300万円

相手方 

年代 70代女性

職業 パート

年収 200万円

その他の情報

解決までの期間 半年

争点と結果

婚姻費用の金額

 

相談のきっかけ

長年別居している妻から婚姻費用調停を起こされ、当所を訪れそのまま離婚受任となりました。

弁護士の着眼点

婚姻費用を決めるだけなので通常あっという間に終わるのですが、なかなか一筋縄に行かない事案でした。

結果

調停では、相手方から年金生活者なので職業費控除をすべきとの主張がなされました。正当な主張であり、やむを得ないのですが言われっぱなしと言うわけにはいかず、審判例や文献を根拠に当方も主張を繰り返しました。
結果、相手方が根負けして、調停員の協力もあり相手の主張を減額しての決着となりました。
審判などになれば、決まった金額になるかは微妙であり、相手方が嫌気がさして合意してくれた気がします。
なしうる主張をすることで状況打破が出来ることもあります。

婚姻費用の最新記事

男性の最新記事

解決事例の最新記事

解決期間 4~6か月の最新記事

離婚の最新記事

離婚を求めたの最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム
解決事例

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE