解決条件を見極め、相手が受け入れるのを待ち裁判にて離婚した事案

依頼者属性

年代 40代

性別 男性

職業 公務員

居住地 横須賀市

年収 7~800万円

相手方 

年代 40代 

職業 公務員

その他の情報

子供の有無 あり 

別居の有無 あり

別居の期間 数年間

解決までの期間 1年半

争点と結果

離婚、財産分与、解決金など

 

相談のきっかけ

長年別居した後、依頼者の方が離婚を求めて調停、裁判と移行し、相手方には代理人がおり、思うように裁判が進まないため、何が原因か知るため、当事務所を訪れ、調査を依頼されました。

弁護士の着眼点

調停から裁判に至るすべての記録に目を通し、何が膠着している原因であり、どうすれば膠着を脱し、どの程度の条件で離婚するのが適切かを回答させて頂きました。
その後程なくして裁判の代理人として助けて欲しいとのご依頼があり受任しました。
落としどころはわかっていたので、その条件での解決を求めて行くことにしました。

結果

こちらの主張には理があり、相手方代理人もそのことを理解している様子でしたが、なぜか相手方本人が頑なとなり、細かい条件を次々と付けてくるようになりました。

すべてに対処は出来ないものの、離婚のために丁寧に検討・対応していくこととしました。中々離婚条件の合意が出来ず、時間ばかりが経過していきましたが、こちらが丁寧に対応していったこともあり、最終的には殆ど代理人として就任した当初に提示した条件での離婚となりました。

想定より時間が掛かってしまいましたが、何とか想定内の条件で離婚にこぎ着け一安心した事案でした。依頼者の方が弁護士を付けなければ今でも錯綜していた可能性が高かったかと思います。

離婚そのものが出来ずにいるとき、弁護士に依頼することが解決策となることもあるのです。

依頼者 公務員の最新記事

相手方 公務員の最新記事

解決事例の最新記事

離婚の最新記事

離婚を求めたの最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム
解決事例

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE