資力のない相手方から訴訟提起して一定の慰謝料を獲得した事案

依頼者属性

年代 50代
性別 女性
居住地 横須賀市
年収 200万円

 

争点

慰謝料の支払、金額

 

相談のきっかけ

ご主人と離婚した後、相手が不貞していたことが発覚し不貞相手への慰謝料請求を考えて当事務所を訪れ、そのまま受任となりました。

 

弁護士の着眼点

不貞行為があったことは間違いなかったため、後はどのような金額をどのような方法で獲得していくかという点がポイントでした。

 

結果

相手は、代理人を通じて不貞関係にあったことはすぐに認め反省しましたが、無職で無収入のため低額かつ長期の分割にて慰謝料を支払うことしか出来ないと主張してきました。

あまりにひどい条件であり「はい、わかりました」とはとても言えない内容でしたので、どう交渉していくか正直頭を抱えました。

幸運なことに相手に代理人がおり、話が通じる弁護士だったため、代理人間で落としどころを探すこととしました。協議重ねていき、条件が煮詰まったタイミングで「これ以上は妥協できない」という最終条件を提示したところ、満額ではないものの僅かに減額した金額を一括で支払うとの回答がありました。裁判をして判決を取っても回収できないことが明白だったため、依頼者の方と協議してその条件で和解することとしました。

相手に「お金がないから支払えない」と開き直られてしまうと、回収可能性がほぼ0となってしまう事案だったため、良い解決といえ、依頼者の方も満足して下さいました。

相手により柔軟な対応をすることが交渉で良い結果を出す否決と言えます。

慰謝料の最新記事

解決事例の最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE