不倫相手の夫からの妥当な金額の慰謝料請求を交渉により半額にした事例

依頼者属性

年代 20代
性別 男性
居住地 横須賀市
年収 300万円

 

争点

慰謝料の支払、金額

 

相談のきっかけ

仕事を通じて知り合った女性と夫子がいることを知りながら肉体関係を持ったところ、相手方代理人から慰謝料を求める内容証明が届き、当事務所を訪れ、そのまま受任となりました。

 

弁護士の着眼点

不貞行為があったことは間違いなかったため、後は少しでも低い金額で交渉をまとめるかという点がポイントでした。

 

結果

相手代理人に対し、すぐに金額の話はせずに、こちらの言い分を数多くの判例とともに主張し、相手の請求額が高すぎる旨を通知しました。

最初は相手方は裁判を仄めかしましたが、相手の代理人と電話での交渉を開始して、相手方の言い分は妥当とも言えるが、必ずしも結果通りに行かないケースもあることを裁判例を挙げて説明していきました。
そうしたところ相手代理人はこちらの条件に対し聞く耳を持ち始め、徐々に条件の開きが小さくなっていきました。

あと一歩と言うところで停滞しましたが、こちらが最後に交渉のカードを切ったところ、当初依頼者の方が支払える原資を下回る数十万円ので決着となりました。

依頼者の方は、自身が仕方ないと考えていた金額を数十万円下回った金額での和解となり、非常に喜んで下さいました。

慰謝料の最新記事

解決事例の最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム
解決事例

執筆者:

島法律事務所 代表弁護士 島武広

(神奈川県弁護士会所属)

 

当サイトでは、離婚問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

 

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。

当サイトに初めてアクセスされた方はこちら

 

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE