不倫相手の妻からの慰謝料請求を8分の1に減額した事例

依頼者属性

年代 30代
性別 女性
居住地 葉山町
年収 200万円

 

争点

慰謝料の支払、金額

 

相談のきっかけ

仕事を通じて知り合った男性と、妻子がいたものの既に離婚したと聞いて交際を開始したところ、相手方代理人から慰謝料を求める内容証明が届き、当事務所を訪れ、そのまま受任となりました。

 

弁護士の着眼点

不貞行為そのものを争うことはもちろん、不貞行為となりそうなときも少しでも低い金額で交渉をまとめるかという点がポイントでした。

 

結果

こちらの主張を相手の代理人に通知したところ、当初聞いていた話と違う点がいくつも出てきました。相手の主張が事実であれば相応の慰謝料が発生することが確実と言える状況でした。

慰謝料なしとするには裁判所で白黒付けることが必要なところ、依頼者の方は長期化は避けたいので裁判はどうしてもやりたくないとのご意向があったため、金額を下げての早期解決を目指しました

相手の代理人との協議を重ね、徐々に双方の条件の隔たりが小さくなっていきました。

相手方から最終提案が来たため、付帯条件を全て飲む旨伝え、更なる金額の引き下げを求めたところ、当初の請求の8分の1数十万円という条件にて無事解決となりました。

仮に判決まで行き、争いはあるものの相手の主張が認められると数百万円の慰謝料支払義務が生じること濃厚だったため、早期解決としてはかなり良い和解が出来たと代理人としては感じた事案でした。

慰謝料の最新記事

慰謝料を求められたの最新記事

解決事例の最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム
解決事例

執筆者:

島法律事務所 代表弁護士 島武広

(神奈川県弁護士会所属)

 

当サイトでは、離婚問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

 

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。

当サイトに初めてアクセスされた方はこちら

 

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE