資力のない相手方からある程度の解決金を獲得して協議離婚を実現した事案

依頼者属性

年代 50代
性別 女性
職業 会社員
居住地 横須賀市
年収 150万円

 

相手方属性

相手方 50代
自営業 年収0円(申告上)

 

その他情報

子供の有無

2人 成人と高校生

別居の有無

有 4年

解決までの期間

1年3ヶ月

争点と結果

離婚、解決金、婚姻費用、養育費

 

相談のきっかけ

勝手に別居を強行した夫が弁護士を付け、離婚請求をしてきたものの、依頼者の方は納得できず、相手の代理人も事件を放置したため、長期間音沙汰がない状態が続き、決着を付けるため当事務所を訪れそのまま受任となりました。

 

弁護士の着眼点

従前相手方から提示された条件は悪いものではないため、その条件が維持されるなら十分と考えていましたが、放置された間に相手方の事業の経営状態が著しく悪化したため、裁判をして判決を得ても何も獲得できない状況の中、どのような条件を引き出せるかがポイントでした。

結果

払って欲しい、お金がない、と双方が繰り返すやり取りが続いていきましたが、一向に話は進まず。

こちらとしてもないものは払えないと相手方が開き直ればそこまでだったため、慎重に交渉を継続していきました。

相手が無理をしてでも支払う状況を作出しないとならないところ、こちらは

①相手方が有責配偶者であり訴訟となれば離婚自体を争うこと、

②従前の提案を可能な限り減額した条件をこちらから提案することとしました。

また、併せて依頼者の方の事情を説明し相手方に協力を求めたところ、裁判所からも相手方にこちらの提案が良い条件とする説得が行われました。

依頼者 会社員の最新記事

女性の最新記事

婚姻費用の最新記事

相手方 自営業の最新記事

解決事例の最新記事

離婚の最新記事

離婚を求められたの最新記事

養育費の最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE