自営会社の株式、不動産の代償金を取得して裁判離婚した事案

依頼者属性

年代 50代
性別 女性
職業 会社員
居住地 横須賀市
年収 200万円

 

相手方属性

相手方 50代
職業 自営

 

その他情報

子供の有無

専門学校生と高校生

別居の有無

有 1ヶ月

解決までの期間

2年半

争点と結果

離婚、婚姻費用、養育費、財産分与、親権

 

相談のきっかけ

ご主人に無理矢理家を追い出され実家に戻り、別居が開始され、今後に悩んで当事務所へ来所しそのまま受任となりました。

 

弁護士の着眼点

こちらも離婚をいつかすることはわかっていましたがその時期をいつにするか検討する必要がありました。

お子様が専門学校に入学するタイミングだったため、その学費負担をどのようにするかも問題となりました。

相手が自営業者のため、相手名義の財産をどのように評価し、どのように財産分与するかを決める必要がありました。

また、調停段階では相手は親権を争ってきました。

 

結果

まず、親権についてですが調停にて譲るわけにはいかないとこちらが主張すると相手方はなぜかすぐに不成立としました。離婚自体が激しい対立はなく、お子様も年齢が高いため、本人の意思で決まるケースだったため、代理人が就いているにしては不可解な流れでした。その後、相手方は訴訟提起まで長時間かかったこともあり尚更疑問でした。

婚姻費用については相手方が一気に支払を止め、手持ちのお金に窮する状態であったため、学費の上乗せ部分について多少譲歩して早期解決とすることとしました。婚姻費用においても相手方は算定表の基本的な見方を納得できないなどの意見を言ったため、多少錯綜しました。

離婚訴訟が始まったところ、相手方は親権をこちらにと主張してきて拍子抜けしましたが離婚については合意し、あとは養育費と財産分与が争点となりました。
養育費については、婚姻費用決定時同様に学費が問題となり、調停を経ての訴訟、しかも相手方からの提訴が遅れたため、下のお子様も専門学校に入り、学費負担と支払終期が問題となりました。

下のお子様が相手方と面会交流や相談をすることなく専門学校を選定入学されたため、判決では上乗せなしとなるおそれがあったため、多少の譲歩をして学費を確保しました。その際二人のお子様が学生を終える時まで養育費の支払いを確保することに成功しました。

残ったのは財産分与であり、双方の財産を開示し合いその価値を詰めていきました。

最終的に厳密には財産分与の対象となるお子様名義の財産を取得し、その代償として譲歩し、株式・不動産部分についての代償金を数百万円受け取ることで和解にて決着となりました。

色々な事が重なり長期化しましたが、最終的には依頼者の方にご納得頂き、また、お子様の修学の目処が立ち、事案に即した解決になったかと思います。
判決なると都合の悪い事情もあったため、判決ではなく和解でよかった事案でした。

モラルハラスメントの最新記事

不動産の財産分与の最新記事

依頼者 会社員の最新記事

婚姻費用の最新記事

相手方 自営業の最新記事

親権の最新記事

解決事例の最新記事

離婚を求められたの最新記事

預貯金の財産分与の最新記事

養育費の最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE