低額かつ分割支払いを拒み、理論的反論を重ね一括かつ妥当な金額で解決した事案

依頼者属性

年代 30代
性別 女性
居住地 横須賀市
年収 なし(主婦のため)

相談のきっかけ

ご主人の様子がおかしいため、その後ご主人の行動を注視したところ、ご主人と職場の同僚の女性の浮気についての次々と決定的な証拠が出てきたため今後に悩み当事務所へ相談にいらっしゃいました。

争点

慰謝料の金額、支払い条件

弁護士の着眼点

受任後すぐに相手に対し内容証明郵便を送付したところ、いわゆる大規模法律事務所の代理人が相手に付きました。

そういった事務所特有の一方的な条件をそれなりの根拠を持って提示をしてきました。具体的には相場以下の低額な金額を分割で支払う内容でした。

また、依頼者の方はご主人との離婚を考えておらず、相手からご主人への求償権を行使させないとのご要望があり、どこまでご要望を満たすかが課題でした。

結果

依頼者の方が上記のようなご意向でしたので、金額については相場での適正額を求め、支払い条件も一括払いで譲らないこととしました。

相手の代理人に対し、こちらの条件が正しいと言うことを相手以上の根拠を示して主張しました。ほどなくして相手方代理人から、こちらの狙い通りの条件、すなわち予定していた金額かつ早期一括払い、が提示され、無事和解となりました。

離婚・慰謝料請求に注力している事務所とそうではない事務所には相当の力差があり、いわゆる普通のマチ弁と言われるような事務所では相手の主張を崩すことは難しかったと思います。

弁護士業界も得意分野に注力している事務所とそうではない事務所、そのどちらかに頼むかによって結果が大きく変わってしまうのだなと実感した事案でした。

写真・手紙の最新記事

慰謝料の最新記事

慰謝料を求めたの最新記事

慰謝料金額 100万円以下の最新記事

本人の証言の最新記事

相手方 会社員の最新記事

解決事例の最新記事

解決期間 1~3か月の最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE