粘り強い交渉の末、協議離婚を実現させた事案

依頼者属性

年代 30代
性別 女性
職業 パート
居住地 横須賀市
年収 100万円

相手方

40代 男性 
職業 自営業
居住地 横須賀市
年収 400万円
子供の有無 多数名
別居の有無 有
解決までの期間 9ヶ月
争点と結果 離婚
慰謝料の有無 0円
財産分与の金額 なし
解決金 なし

相談のきっかけ

依頼者の方がご主人に対し、日頃の生活に違和感を覚え、これ以上の結婚生活は不可能と考え別居し、その後当事務所に来所されそのまま受任となりました。

弁護士の着眼点

まず、依頼者の方の気持ちを確認し、何が何でも離婚したいとのことでしたので、離婚することを最優先することし、相手との交渉に望むこととしました。

結果

相手に内容証明郵便を送付したところ、間もなく相手から連絡があったものの、離婚には消極的でした。
それでもこちらは戻るつもりはない、いくら待とうが無駄であることを伝え続けたところ、徐々に相手が軟化し、離婚を受け入れるか悩むようになりました。
徐々に相手の気持ちを翻意させるところに近付いたのですが、相手に踏ん切りを付ける決定打に欠けていました。

そのような状況で依頼者の方と打ち合わせを続けたところ、離婚できるのであれば金銭的な要求、相手方が面会交流を求めないなら特に養育費すらいらないとの意向を確認しました。

相手に対し、「今なら」面会交流を諦めるなら養育費はもちろん未払いの婚姻費用も請求しないが、拒むならフルメニューで請求していく旨を伝えると程なくして相手から離婚を受け入れる返事を受け、無事協議離婚となりました。

何かを得るためには何かを諦める、依頼者の方のそのような覚悟により解決に至りました。
本当に必要なものが何かを依頼者の方が決断すると解決に大きく近づく、そんな事案でした。

解決事例の最新記事

離婚問題の最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE