自衛隊勤務のご主人が女性自衛隊員と不倫し請求通りの金額を賠償させた事案

依頼者属性

年代 30代
性別 女性
居住地 横須賀市
年収 400から500万円

 

相談のきっかけ

ご主人が急に泊まりやスケジュールの嘘が多くなり、ご主人やその周辺を探ったところ、

自衛隊内で不貞関係にあることが判明し、今後に悩み当事務所へ相談にいらっしゃいました。

弁護士の着眼点

相手もご主人と同じ自衛隊員であることから最終的な支払は確保できるだろうとの見込みを立て、証拠も堅かったので安心していたのですが、依頼者の方がご主人との今後に悩み、どのような請求をしていくか揺れ動いていたため、そことのバランスをどう取っていくかが問題でした。

結果

依頼者の方のご意向がなかなか定まらなく、相手方へこちらの通知書を受け取らせること、更に相手から連絡をさせることに苦心し、時間ばかりが経過していきました。
しかし、次第に冷静さを取り戻した依頼者の方が、気持ちを固めてくれ、相手への請求を思い切りすることが可能になりました。
それでも、こちらの書面は届いているのに、相手方の連絡が一向に来ませんでした。
方法を変えて通知したところ、ようやく相手からの連絡があり、こちらの請求を強く求めたところ、比較的早期に金額の合意をしたものの、支払方法に開きがありました。
そこで、一括なら合意した金額、分割ならそこから総額を相当額上げることとしました。
相手は、一括を選択し、程なくして合意した金額の賠償金(数百万円)を獲得しました。

当初逃げる姿勢を相手が見せ、依頼者の方も踏ん切りがつかなかったため、少々時間はかかりましたが、最終的に攻める姿勢を取ることで最良の結果を得ることに繋がりました。
迷いというものは相手に伝わってしまうことが多く、また、断固たる想いもまた相手に伝わるものなのです。

不貞慰謝料の最新記事

解決事例の最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE