資力の乏しい相手方に対し、長期分割を飲む代わりに希望額の慰謝料を獲得した事案(30代 女性)

依頼者属性

年代 30代
性別 女性
職業 会社員
居住地 横須賀市
年収 200万円

相談のきっかけ

ご主人の様子がおかしいため、探偵を雇うなどしたところ、ご主人の浮気が判明し離婚した後、今後に悩み当事務所に相談へいらっしゃいました。

争点

慰謝料の金額、支払い条件

弁護士の着眼点

相手に対し内容証明郵便を送付したところ、相手は素直に自らの非を認め反省の意を伝えてきたものの、
相手の資力が非常に低く、訴訟をしても強制執行できる財産が存しない状況においてどのように依頼者の方の満足を得るかがポイントとなりました

結果

相手方の状況を調査し、強制執行できるような財産を所持していないことがわかっていったため、どこかで相手の言い分を受け入れ任意に慰謝料を支払ってもらうような交渉が求められました。
相手も無い袖は振れないとばかりになかなか条件を上げてきませんでした。膠着状態が続いたため、こちらから相手方に対し、一括ならこの金額、分割ならこの金額と二択を迫りました。
その結果、相手方が分割での支払いを望んだものの想定を超える長期の支払いを主張して譲りませんでした。
訴訟をしても費用倒れとなるおそれのある事案でしたので、長期分割を飲むとともに、初回支払額の増額を求めたところ、相応の初回支払額を用意したため無事解決となりました。
長期支払いのため、相手への牽制をする意味で分割金支払いを弁護士口座とすることとしました。

慰謝料の最新記事

慰謝料を求めたの最新記事

慰謝料金額 100万円以下の最新記事

探偵の調査報告書の最新記事

本人の証言の最新記事

解決事例の最新記事

解決期間 4~6か月の最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE