面会交流をこちらの要望通りの条件とし、養育費の支払いを確定させた事案(30代 男性)

依頼者属性

年代 30代
性別 男性
職業 会社員
居住地 横須賀市
年収 400万円

相手方属性

年代 30代
性別 女性
職業 会社員
居住地 東京都
年収 200から300万円
子供の有無 有 小学生2人
別居の有無 有
解決までの期間 6ヶ月
争点と結果 面会交流の条件 養育費の金額
慰謝料の有無 0円
財産分与の金額 なし
解決金 なし

 

相談のきっかけ

相手方が不貞行為をして離婚となり、お子様は依頼者の方の下で育てることとなりました。
その様な状況が続いた後、相手方代理人から面会交流を求められ、当事務所を訪れそのまま受任となりました。

弁護士の着眼点

受任後すぐに相手代理人に連絡し、基本的に面会交流を認めるものの、一定期間空いていたので面会交流の方法を穏当な条件とすることと、面会交流を求めるなら養育費を請求することを伝えました。
養育費をもらうことは当然として、依頼者の方やお子様に過度な負担とならない条件とすることを目標としました。

結果

養育費については双方の収入資料により算定された金額で合意となり早期に支払いが開始されましたが、
面会交流の方法について、相手方がいきなりの宿泊や長期休みでの長期宿泊や学校行事の参加権利などの主張をしたため、1つ1つ条件を詰めることとなりました。
数ヶ月の時間を要したものの結果的には、依頼者の方が納得できる条件での合意となりました。
依頼者の方が、相手に代理人がついているので早期にご依頼頂いたことで良い結果を得ることが出来た事案です。

依頼者 会社員の最新記事

女性の最新記事

相手方 自衛隊の最新記事

解決事例の最新記事

解決期間 4~6か月の最新記事

離婚の最新記事

面会交流の最新記事

養育費の最新記事

離婚に関する相談受付中!どんな詳細なことでもお気軽にご相談ください。離婚相談のご予約 046-884-9384 24時間受付相談予約フォーム

当事務所の新着解決事例&トピックス

PAGE TOP
LINE